ニコン(Nikon)新型大三元レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR購入レビュー!!

大三元レンズというの聞いたことはありますか?今回思い切ってNikonの大三元レンズの一つ、標準域を担う新型のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを購入しました!!カメラをしている人間ならだれもが憧れる大三元レンズ。今まではTAMRONの大三元標準ズームレンズを使っていましたが、今回やっと純正を手に入れたので比較レビューを書きたいと思います。まずは大三元の説明からその実力まで紹介していきたいと思います。

大三元レンズとは

大三元レンズはニコン、キャノン各社がプロデュースしている最高峰のレンズです。

daisangen

引用画像URL:http://photographic.tokyo/wp-content/uploads/2015/11/%E5%A4%A7%E4%B8%89%E5%85%83.jpg

Nikon(ニコン)Canon(キャノン)の一眼レフカメラのレンズには大三元レンズと呼ばれるレンズがあります。そもそも大三元レンズの大三元(だいさんげん)とは麻雀用語からとったものらしいです。三元牌と呼ばれる「白(ハク)」「發(ハツ)」「中(チュン)」を各三枚ずつ揃えた役満のこと。

揃えるのは難しいが、揃えると「無敵・最強」という共通の意味からレンズにも例えられました。大三元レンズとはその名の通り3本のレンズがあります。それぞれ広角・標準・望遠域を担う3本の組み合わせでどれもなんと開放F値がF2.8通しのズームレンズです。非常に使い勝手も良く、描写力も良い、いわば最高級・最高峰のレンズです。Nikon(ニコン)でいうとこの3本が大三元レンズになります。

Canon(キャノン)はこの3本。

どれも10万円を軽く超える代物です(笑)今回はNikon(ニコン)の標準域を担う

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

を購入したのでそのレンズの凄さを伝えたいと思います。今回、比較対象のレンズとしてもともと使用していたTAMRON(タムロン)の大三元標準ズームレンズの

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)

スペックはNikon(ニコン)の純正品と全く同じです。が、値段は倍以上違います。この値段の差の理由も使ってみて説明したいと思います。

Nikon VS TAMRON

DSC_7133

今回は2本のレンズを比較するために近所の公園へ来ました。ここで同じものを撮って比較したいと思います。まずは公園の遊具を広角側の24mmで撮ってみます。今回使用カメラは

Nikon D5

設定はISO100絞りをF8シャッタースピード 1/250秒で撮ってます。まずTAMRONで撮った写真がこちら。

TAMRON_01

十分綺麗に撮れていますね。では次にNikonで撮った写真がこちら。

Nikon_01

パッと見の印象から違いますね。比較してみるとこの通り。

hikaku01

何が違うのかというとまずはカラー(色表現)です。空の自然の色合いや木々の緑の深さが自然な感じでTAMRON(タムロン)より鮮やかに表現できています。TAMRON(タムロン)の方も悪くはありませんが少し鮮やかさに欠けるのと、若干白とびしやすいのかなという印象がありました。現像作業やレタッチで何とかカバーできる範囲ではあるかなといった感じです。色の表現力は完全にNikon(ニコン)に軍配が上がりました。

では次に描写力を見ていきます。画像のこの部分を拡大して見ていきましょう!

Nikon_01_02

まずはTAMRON(タムロン)

TAMRON_01_kakudai

ここまで拡大するとさすがに画像が荒くなってしまいますね。

次にNikon(ニコン)

Nikon_01_kakudai

この描写力に関しても一目瞭然ですね。比較したらその違いがよりわかると思います。

hikaku02

Nikon(ニコン)の純正品の大三元の実力を実感しました!とてもシャープにより細かいところまで描写されています。次に、望遠側の70mmで撮った時の比較をしてみたいと思います。まずはTAMRON(タムロン)で撮った写真。

TAMRON_02

次にNikon(ニコン)で撮った写真。

Nikon_02

さっきほどの明らかな違いは感じませんがやはりよく見てみると色の表現力の違いを感じます。

比較した場合がこちら

hikaku03

次にここの部分を拡大したいと思います。

Nikon_02_02

まずはTAMRON(タムロン)で撮った写真。

TAMRON_02_kakudai

次にNikon(ニコン)で撮った写真。

Nikon_02_kakudai

やはりこちらの方が望遠側でも描写力が凄まじいです。

比較してもこれだけ違います。

hikaku04

色表現はレタッチでなんとなく同じ感じに表現はできますが描写力に関してはなかなか難しいところがあります。もちろん元画像が鮮明でより高画質な方がレタッチする上でもやりやすいですしね。

結果は!?

結果

結果、Nikon(ニコン)とTAMRON(タムロン)を比較した時描写力と色の表現については完全にNikon(ニコン)の勝利です。確かに高価ではありますがやはり買ってよかったと思います。あとは使っていて思ったのはAFの速さの違いです。Nikon(ニコン)のレンズのAFの速さにはびっくりしました。爆速です。狙った被写体は絶対に逃しません(笑)動く被写体にはかなり有効になってくると思います。大三元の中でもこの標準域を担う24mm-70mmは人を撮る上でもかなりいいと思います。程よい焦点距離です。

以前これで撮った写真がこちら。

Nikon D5で撮った写真

Nikon D5で撮った写真

 

この写真を撮った際後でパソコンに入れてレタッチする時にその描写力や色表現のクオリティの高さに驚きました。

逆にTAMRON(タムロン)のいいところを上げると非常にコンパクトだということ。純正のNikon(ニコン)はなかなかの大きさで持ち運びは結構苦労しそうです。比較してみてもこの通り

DSC_7133

あとは安さ。大三元レンズの同じスペックのレンズが純正の半額以下で買うことができます。そんなに細かいところまでこだわりはないけどいい写真が撮りたいという人や旅行用など普段よく持ち運ぶ人でクオリティも欲しいという人にはいいんじゃないかと思います。

最後に

サマリー

僕はこれからカメラの仕事もどんどん引き受けていこうとも思っているのでとことんこだわりたい派。いつかNikon(ニコン)の大三元レンズ全て揃えたいと思います(笑)

参考サイトリンク

リンク

良くも悪くも「完全本気モード」の大三元望遠ズームレンズ、ニコン「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」

いつか手に入れたい…一眼ユーザーの憧れ『大三元レンズ』とは?

ニコンの新型大三元レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを購入

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。フォトグラファー。1992年11月20日生まれ。現在23歳。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

淀川淀川の河川敷でインターバル撮影をしてタイムラプスを作ってみました!

友ヶ島まるでラピュタの世界観!!友ヶ島へ写真を撮りに行ってきました。

関連記事

  1. FUJIFILM 業務用フィルムISO400レビュー!モデルch…

    今回もまたおなじみの中崎町にて撮影をしてきました。もう数え切れないくらい中崎町では撮影してきているの…

  2. 大きなワンちゃん

    愛犬が大きくなった!?Instagramで話題のクリスさんと愛犬…

    Instagramで人気沸騰中の写真Instagramで話題なっている写真があります。それがこち…

  3. 10,000円以下で買える!カメラ購入時に一緒に買うべきのカメラ…

    カメラとレンズ以外のアイテムカメラを始めると、当然カメラ本体とレンズ以外のアイテムが必要になって…

  4. カメラを始めたくなる映画

    思わずカメラを始めたくなる!そんな映画(邦画)を集めてみました!…

    写真がテーマの映画今回は、写真やカメラがテーマとなった映画を紹介したいと思います。今回紹介する映…

  5. 写ルンですで日常をノスタルジックな素敵な雰囲気に切り取ろう。

    写ルンですとは富士フイルムが1986年から発売しているレンズ付きフィルムカメラです。「いつでも、…

  6. 淀川

    淀川の河川敷でインターバル撮影をしてタイムラプスを作ってみました…

    タイムラプスとはタイムラプスとは、「時間の経過」を意味する英語「time lapse」から来…

  7. 双松桃子

    女優・タレントで活動している双松桃子さんと写真集に向けて撮影をし…

    写真集プロジェクトSHARE代表の小野友暉です。最近の活動報告をします。…

  8. PENTAX67Ⅱ

    PENTAX(ペンタックス)67Ⅱ、愛称バケペン レビュー

    ついにフィルムカメラの中判カメラである、PENTAX(ペンタックス)67Ⅱ、愛称"バケペン"を購入し…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞

スポンサーリンク

PAGE TOP