ロモグラフィーから発売!写ルンですとほぼ同スペックのフィルム交換できるレンズ付きフィルムを使ってみた。

ロモグラフィーから衝撃的なカメラが発売されました。その名も 『Simple Use Film Camera(シンプルユースフィルムカメラ)』!なんとフィルム交換のできるレンズ付きフィルムです。今回3種類出たうちの2種類を購入して使ってみたので、早速レビューしていきたいと思います。

 

ロモグラフィーとは

ロモグラフィー(Lomography)とは、オーストリアのカメラ会社、ロモグラーフィシェ株式会社の登録標章であり、通称のことです。フィルムカメラ製品を中心に様々なアイテムを販売しています。フィルムカメラを扱う人であれば知らない人はいないんじゃないかと思うくらい大きなメーカーです。今回そのロモグラフィーから発売されたSimple Use Film Camera(シンプルユースフィルムカメラ)は、誰もか待望していた革命的なカメラでした!

 

レンズ付きフィルム!? SUFC

ロモグラフィーレンズ付きフィルム

ロモグラフィーから発売されたレンズ付きフィルム!Simple Use Film Camera(以下SUFC)。何がそんなにすごいのかというと、フィルムカメラで写真を撮る人であれば、FUJIFILMの写ルンですを使ったことがあるという人は多いかと思います。非常にコンパクトで安価で、いい働きをしてくれますよね。一つデメリットをあげるとすれば、使い捨てであること。そのデメリットを無くしたのがこのSUFCです。最初からフィルムも付いているのですが、撮り終えた後もフィルムを交換して再利用が可能になります。これによりたくさん撮るという方に撮っては節約にもなりますし、様々なフィルムで楽しめるようになりました。

 

レンズ付きフィルムSUFCの種類 SUFC

ロモグラフィーから発売されたレンズ付きフィルムは全部で3種類!

Simple Use Film Camera Color Negative (カラーネガ)

ロモグラフィーレンズ付きフィルム

出典:https://shop.lomography.com/jp/

 

Simple Use Film Camera Lady Grey (レディーグレーブラック&ホワイト)

ロモグラフィーレンズ付きフィルム

出典:https://shop.lomography.com/jp/

 

Simple Use Film Camera LomoChrome Purple(ロモクロームパープル)

ロモグラフィーレンズ付きフィルム

出典:https://shop.lomography.com/jp/

発売されたこの3種の中でも Negative(写真一番上の青いやつ)がかなり人気なようで、出荷待ちでしたので、Lady Grey(写真真ん中の黒いやつ)とLomoChrome Purple(写真一番下紫のやつ)を購入して早速撮影してみました。

 

SUFC Lady Greyで撮った写真

Simple Use Film Camera Lady Grey (レディーグレーブラック&ホワイト) にはLomography Lady Grey B&W 400というモノクロフィルムが装填されています。そのフィルムで撮った写真がこちら。

レンズ付きフィルムBlack Whiteで撮った写真

 

レンズ付きフィルムBlack Whiteで撮った写真

 

レンズ付きフィルムBlack Whiteで撮った写真

 

レンズ付きフィルムBlack Whiteで撮った写真

 

レンズ付きフィルムBlack Whiteで撮った写真

撮った写真をみたときの所感は粒子がちょっとあらめかなーといった感じ。それがロモグラフィーらしいといえばロモグラフィーらしいのですが。なかなかモノクロフィルムは使わないので新鮮でした。

 

SUFC Purpleで撮った写真

ロモグラフィーレンズ付きフィルム

続いて、Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム) LomoChrome Purpleで撮影した写真を紹介!と言いたいところなのですが、現在現像待ちの状態なので、仕上がり次第掲載したいと思います。このSUFCにはLomoChrome Purple ISO 100-400というフィルムが最初から装填されています。なんとISOを選んで現像できるフィルムらしいです。そんなフィルムがあることすら知らなかったので驚きでした。カメラ屋さんにはとりあえずそのままのISO400ででしています。

 

 

フィルム交換して使ってみた!

使用後に、早速フィルム交換して撮影してみました。フィルムの交換方法に付いては公式サイトのSimple Use Film Camera (レンズ付きフィルム) : 詳細な使い方をご紹介ページをご確認ください。ちなみに使用したフィルムはFUJIFILMの業務用フィルムISO400です。

SUFCでフィルム交換後に撮影した写真

 

SUFCでフィルム交換後に撮影した写真

 

SUFCでフィルム交換後に撮影した写真

 

SUFCでフィルム交換後に撮影した写真

 

Model 木崎桃子

 

 

SUFCでフィルム交換後に撮影した写真

 

SUFCでフィルム交換後に撮影した写真

このフィルムらしい不器用な描写がたまりません。ノスタルジックな雰囲気もいいですね。

 

写ルンですとスペック比較

ちなみに写ルンですとスペックどれくらい違うのだろうと気になって調べてみました。さほど大きなスペックの違いはありませんでした。描写もだいたいですが同じようになるのではないかと思います。

SUFC 写ルンです
焦点距離 31mm 32mm
シャッタースピード 1/120秒 1/140秒
絞り f/9 f/10
撮影距離 1m 〜 無限遠 1m 〜 無限遠
フラッシュ 内蔵フラッシュ(長押しでON)、再チャージ時間約15秒 内蔵(有効撮影距離:1m~3m) パイロットランプ付スライド式フラッシュスイッチ
バッテリー 1 x 単三乾電池内蔵 単4形 1.5Vアルカリマンガン乾電池内蔵
本体サイズ W 115 xH 60 xD 33mm W 108×H 54×D 34mm

 

使ってみて感じた点

やっぱりサイズはいいなと思いました。カバンやポケットに忍ばせておけるサイズ感は重宝しますね。持ち歩いて撮るようになりました。デメリットをあげると、フラッシュで手がふさがってしまうこと。おもて面にあるボタンを長押しでフラッシュを炊くことができるのですが、長押しし続けなければならないので、両手で撮らざるおえません。写ルンですのようにフラッシュボタンをスライドさせるだけであれば片手でもフラッシュたいて撮れるのですが…。あとは、フィルム交換について。少し面倒&フィルム慣れしてない方には少し難しいかなといいう印象でした。色々気になる点は出てきましたが、最終買ってよかったと思えるカメラであることは間違いないです。種類によって値段は変わりますが、一番安いもので1680円とかなり安い!それはかなりの魅力ですね。

 

最後に

以上、フィルム交換できるレンズ付きフィルム、Simple Use Film Cameraについてのレビューでした。僕はこのカメラを毎日持ち歩いてます。すでに愛機となっています。この記事を読んで気になった方もぜひ購入を検討してみてくださいね。

 

Top画像出典:https://shop.lomography.com/jp/

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

東京カメラガールズコラボ企画東京カメラガールズとSHAREのコラボ!ポートレート撮影会!in鶴見緑地公園

豊崎神社夏祭り大阪、中津の豊崎神社の夏祭りに行ってきました。

関連記事

  1. ヘリンボーン(Herringbone)のカメラバッグレビュー

    カメラ女子に!おしゃれなヘリンボーンのカメラバック

    以前書いた「普段使いにもいい!おしゃれでおすすめのカメラバッグを紹介!」で紹介したカメラバッグの中か…

  2. Fujifilm XF35mm F1.4R

    Fujifilm(富士フィルム) のレンズXF35mm F1.4…

    Fujifilm(富士フィルム)のX-T2と一緒に購入したレンズ、Fujifilm XF35mm F…

  3. AI Nikkor 35mm f/1.4S 購入レビュー

    AI Nikkor 35mm f/1.4S 商品購入レビュー

    AI Nikkor 35mm f/1.4S今回の記事はAI Nikkor 35mm f/1.4S…

  4. NikonF6で撮った写真

    フィルムカメラの最高峰 Nikon F6

    フィルムカメラNikon F6を購入私事ではありますがずっと欲しかったフィルム一…

  5. Nikon F6で撮った写真

    フィルムカメラを持って大阪の街を歩き回ってきました!

    文章  小野友暉    写真  小野友暉Part1とPart2に続いて…

  6. パソコンデスク周り

    カメラマンのパソコンデスク周りを紹介!快適な写真編集をするために…

    デジタル写真の編集や画像のレタッチをする際のパソコン環境って誰が何を使っているとか、なかなか知ること…

  7. RICHO THETA S

    360°カメラ RICHO THETA S 購入レビュー

    2015年10月に発売された360°カメラ、RICHO 「THETA S」を今更ながら購入しました!…

  8. PENTAX67Ⅱ

    PENTAX(ペンタックス)67Ⅱ、愛称バケペン レビュー

    ついにフィルムカメラの中判カメラである、PENTAX(ペンタックス)67Ⅱ、愛称"バケペン"を購入し…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞

スポンサーリンク

PAGE TOP