フィルム初心者の方へ!フィルムカメラを始めよう!フィルムカメラ入門

「フィルムカメラって難しそう…」「フィルムカメラの使い方がわからない」と思っている方は多いと思います。そこで今回はフィルムカメラ初心者の方に向けてフィルムカメラの入門記事を書いてみました。決して難しくはありません。使い方さえマスターしたらフィルムカメラのノスタルジックな写真を楽しむことができます。ぜひ、挑戦してみましょう!

フィルムカメラブーム到来

最近、フィルムカメラの再ブームが到来しているというふうによく聞きます。かくゆう僕も、フィルムカメラにどハマり中です(笑)今の若者はデジタルカメラが当たり前ですよね。デジタルカメラになってからとても扱いが簡単になり、カメラ自体のコストも落ちて、「シャッタースピード」「絞り」「ISO(感度)」など、カメラのことを勉強しなくともある程度綺麗に撮ることができるようになりました。しかし逆に言ってしまうと誰が撮っても同じように見えてしまいますし、誰にでもできることに魅力や価値はありません。簡単に誰にでも綺麗な写真を撮れることに魅力と価値がなくなった今、簡単に撮ることのできないフィルムカメラに価値が見出されてきたのではないでしょうか。

ここでフィルムカメラで撮影した写真を2枚紹介したいと思います。

フィルムカメラで撮った写真

フィルムカメラで撮った写真

フィルムカメラで撮った写真

フィルムカメラで撮った写真

どうでしょうか?デジタルに比べたら決して綺麗ではありません。ですがフィルムカメラは不器用ながらも暖かさや懐かしさなど、デジタルでは感じられない”味”があります。僕はその魅力をもっと世の中の人に知ってほしいと思い、この記事を書こうと決めました(笑)

フィルムカメラの種類

ではまずはフィルムカメラの種類から説明していきたいと思います。フィルムカメラには3つの種類が存在します。

  • 35mmフィルムカメラ
  • 中判カメラ
  • 大判カメラ

この3つです。だいたい一般的に市場に一番出回っているのが35mmフィルムカメラです。それ以上の中判カメラ、大判カメラはプロ向けなので初心者の方には35mmフィルムカメラがいいかと思います。

フィルムの種類

フィルムカメラで写真を撮るにはフィルムを別に買わなければなりません。フィルムにも様々な種類があります。今回は35mmフィルムの種類を簡単に説明していきたいと思います。35mmフィルムには24枚撮り、36枚撮りの物があります。さらにそれぞれにISO100、ISO400、ISO1600などの種類があります。ISOとは感度のことです。感度が低ければ低いほどノイズが少なく綺麗に撮れます。しかし動きのある被写体に弱かったり、暗いところには向かなかったりします。感度が高ければ高いほど暗いところでの撮影にも強くなりますが、ノイズの多い写真になってしまうなどのデメリットもあります。今回は一般的に多く出回っているものを種類別に説明します。

ISO100

ISO100のフィルムで撮った写真

ISO100のフィルムで撮った写真

引用:http://cafe.toylab.jp/column/amaki15/6639/

ISO100はよく晴れた日に、景色なんかを撮るのに向きます。

ISO400

ISO400のフィルムで撮った写真

ISO400のフィルムで撮った写真

引用:http://cafe.toylab.jp/column/amaki15/6639/

ISO400はポートレートなどを含めの様々なシーンに向いています。曇りでも晴れの時でも使えるので一番スタンダードなISOだと思います。

ISO1600

ISO1600のフィルムで撮った写真

ISO1600のフィルムで撮った写真

引用:http://cafe.toylab.jp/column/amaki15/6639/

ISO1600は夜景や室内などの暗い場所や動きのある被写体なんかに向いています。

 

おすすめのフィルムカメラ

フォルムカメラとフィルムの種類を説明したところで、次はオススメのフィルムカメラを幾つか厳選して紹介したいと思います。

写ルンです

写ルンです

引用:http://image.biccamera.com/

まず一番簡単にフィルム写真を撮れるのが写ルンですではないでしょうか。一眼レフカメラを買うとなると中古でも数千円から数万円くらいしますが、写ルンですはカメラとフィルムを別に用意する必要もなく、1,000円以下で買えるので、フィルムカメラがどんなものかを体験するにはちょうどいいかと思います。大手家電量販店や場所によってはまだコンビニにも置いてあるところがあるそうです。

小野友暉のフィルム写真

写ルンですで撮った写真

 

Nikon F3

Nikon F3

引用:http://camerafan.jp/

続いてはNikon F3です。ニコンのフラッグシップ機Fシリーズの3台目の機種として、初めて電子制御式シャッター・絞り優先AEを搭載し、20年の長期にわたって販売されたカメラです。名機とも呼ばれていて、ニコンのFシリーズの中でも人気が高かった機種です。その理由はこのNikon F3で撮った写真を見たらわかると思います。

 

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

引用:http://on-and-on-shop.com/

とてもいい感じに仕上がっていますね。フィルムらしく撮れています。20年間愛されて続けてきたのもよくわかります。Nikon F3の購入レビュー記事も書いたのでよろしければ是非読んでみてください。

 

Nikon F6

Nikon F6

引用:http://www.nikon-image.com/

続いてオススメするのが、フィルムカメラの最高峰とも呼ばれているNikon F6です。このカメラは僕も愛用のカメラの一つなのですが、とにかく使い心地の良いカメラです。写真家の川島小鳥さんも使われていることで有名ですね。このカメラはAF(オートフォーカス)で撮影することもできるので(AFのあるレンズの場合)、マニュアルフォーカスに慣れていない人にも安心です。フィルムカメラの中でもかなり扱いやすい機種だと思います。では実際に撮った写真を紹介します。

Nikon F6で撮った写真

Nikon F6で撮った写真

高価ではありますがなんのストレスもなく撮れるので、買って損はなかったと思います。僕は中古で8万円程度で購入できました。

 

 

RICHO GR1

RICHO GR1

RICHO GR1。僕のお気に入りのカメラです。発売当時の1996年には35mmフィルムを使用する高級コンパクトカメラの名機として名を馳せました。マグネシウムボディを採用していて、目立たず撮ることだけに集中したカメラの作りになっています。このカメラのいい部分はこのコンパクト性と高い描写力です。ポケットに入れておけるこのサイズ感はとても重宝していて、持ち歩きには最適です。それでいてとても高い描写力で撮れます。

GR1でとった写真

GR1でとった写真

GR1でとった写真

GR1でとった写真

過去にこのGR1の購入レビューも書いていますので是非ごらんください。

 

おすすめのフィルム

それでは次に、フィルムカメラに使用するおすすめのフィルムを紹介していきたいと思います。

Fujifilm Pro400H

富士フィルム Pro400H フィルム

出典:https://www.amazon.co.jp/

富士フィルムから、プロフェッショナル向けのフィルム、Pro400Hです。プロ向けにはなるのですが、初心者の方にもおすすめします。僕も、フィルムカメラを初めて使うときはこのフィルムを使いました。さすがプロフェッショナル向けということもあり、写りはかなり綺麗です。あまりの綺麗さに引き込まれること間違いなしです。色味は青や緑が強くでます。ふんわりとしや柔らかな雰囲気によくあいます。スナップからポートレートまで幅広く使えます!

Fujifilm(富士フィルム)Pro400Hで撮った写真

Fujifilm(富士フィルム)Pro400Hで撮った写真

Fujifilm(富士フィルム)Pro400Hで撮った写真

Fujifilm(富士フィルム)Pro400Hで撮った写真

 

 

 

Kodak PORTRA400

Kodak PORTRA400フィルム

Kodak(コダック)のPROFESSIONAL PORTRA 400 フィルムです。このフィルムは非常に人の肌が綺麗に写るので、PORTRA(ポートラ)という名前が付いているだけあって、ポートレートに向いています。色味は黄色っぽい緑っぽい、爽やかな印象になります。

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

 

 

Fujifilm 業務用フィルム

富士フィルム業務用フィルム

出典:https://www.amazon.co.jp/

富士フィルムから、業務用フィルムです。これにはISO400のものと、ISO100のものがあります。感度は好みでOKだと思います。このフィルムの特徴はコスパが良いということ。フィルム1本あたりの価格がかなり安いです。枚数を多く撮るという方にはおすすめです。写りはナチュラルな色合いで、とてもフィルムらしい写りをしてくれます。

Fujifilm(富士フィルム) 業務用フィルム

Fujifilm(富士フィルム) 業務用フィルム

Fujifilm(富士フィルム) 業務用フィルム

Fujifilm(富士フィルム) 業務用フィルム

 

 

フィルムカメラ撮った後は?

現像・プリント

フィルム現像

撮り終えたフィルムはカメラ屋さんに持って行って現像・プリントをしてもらいます。場所によって値段も違いますが、大体フィルム1本700円くらいで(プリントなしの場合)仕上げてくれると思います。また現像してくれる店舗によっても写真の仕上がりが違います。いろんな店舗に頼んでみるのもいいかもしれないですね。またある程度、どのように現像するか要望も聞いてくれるので、そこは思い切って要望を伝えてみましょう。

スキャン

現像した写真をSNS投稿などやスマホに画像として保存したい場合は、自分でスキャンするか、スキャンサービスを利用します。フィルムからスキャンする場合は、ネガ専用のスキャナーを使用してスキャンします。Amazonで大体10,000円前後で販売されています。

僕もスキャナーを所有していて使用していました。スキャナーを使うと、自宅でゆっくり写真を選んでスキャンできますが、少々色が出ていない気がします。やはり業者に頼む方が色はしっかりと綺麗に出てくれます。

スキャンサービスは

なんかでしてくれます。値段も場所にもよりますが、1本1,000円前後(現像代込み)でCD書き込み、DVD書き込みしてくれると思うので一度頼んでみるといいでしょう。

 

ちなみに家でもスキャンを綺麗にしたい場合はハイスペックの高級スキャナーを購入する手もあります。おすすめなのがEPSON GT-X980。GT-X980はフィルムのスキャンに特化したハイスペックなスキャナーです。高価ではありますが業者並みに綺麗にフィルムをスキャンしてくれます。細かい調整なんかも自分でできるので、全部自分でやりたいという人にはいいかもしれません。

 

まとめ

以上、フィルムカメラについてまとめました。フィルムカメラはデジタルとはまた違う楽しみ方ができるので、使ったことがないという方は是非一度使ってみてください。

関西写真部SHAREではフィルムカメラをもっと普及させようということで写ルンですを使った企画も定期的に実行しています。詳しくはプロジェクトページをご覧ください。


 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラをはじめて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれ。カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

旅行におすすめカメラ旅行に超おすすめのカメラ!その他必須アイテム!をまとめてみました。

2016年最後のまとめ。関西写真部SHARE今年の振り返り。

関連記事

  1. フィルムの良さ

    フィルムカメラの良さがよくわかるミュージックビデオ3選【感動モノ…

    フィルムの良さとは最近フィルムカメラの再ブーム到来という話をよく聞きます。デジタル慣れした世代が…

  2. Instagram10選フィルム編

    写真共有SNS、Instagramから素敵な写真を選んでみた!全…

    Instagramの写真を紹介する記事も3本目となりました。過去…

  3. 2016年最後のまとめ。関西写真部SHARE今年の振り返り。

    2016年の振り返り2016年も残す所あと1日となりました。今年も本当に様々なことがありましたね…

  4. 10,000円以下で買える!カメラ購入時に一緒に買うべきのカメラ…

    カメラとレンズ以外のアイテムカメラを始めると、当然カメラ本体とレンズ以外のアイテムが必要になって…

  5. 清水富美加

    今話題のあの人!千眼美子こと清水富美加さんの写真集&出…

    突然の芸能界引退出典:http://nanikore.site/先日、女優の清水…

  6. ギャラリー巡り

    写真を見るのが好きな方へ!大阪のおすすめフォトギャラリーを紹介し…

    大阪でギャラリー巡り先日、写真部メンバーの梨奈ちゃんとギャラリー巡りをしてきました。1日で5軒廻…

  7. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ

    Instagram(インスタ)国内のフィーチャーアカウントとハッ…

    今回の記事は今流行りの写真共有SNS、インスタグラム(Instagram)から、国内のフィーチャーア…

  8. カメラブログ

    カメラブログを始めて約9ケ月。月間2万PVのブログに!写真を撮る…

    カメラブログを始めてからのまとめ今回の記事はこのカメラブログを始めてから今現在までについ…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞

スポンサーリンク

PAGE TOP