• フィルムカメラを始めよう カメラ
    フィルム初心者の方へ!フィルムカメラを始めよう!フィルムカメラ入門
    2016年12月29日
  • インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ その他
    Instagram(インスタ)国内のフィーチャーアカウントとハッシュタグ紹介!
    2017年11月8日
  • ポートフォリオサイト Web
    フォトグラファーのポートフォリオサイトを簡単に作れる便利なツール紹介
    2018年1月5日
  • ポートレートにおすすめの単焦点レンズ レンズ
    ポートレートにおすすめの単焦点レンズを紹介します!
    2017年9月25日
  • おすすめのカメラバッグ その他レビュー
    普段使いにもいい!おしゃれでおすすめのカメラバッグを紹介
    2017年1月11日
  • 国内の女性写真家 写真家
    カメラ女子へ!国内のオススメの女性写真家をまとめてみた!
    2017年1月19日
  • 撮影した写真 撮影
    屋上で撮るポートレート!曇りの半逆光でのストロボライティング
    2018年1月13日
  • おしゃれなレザーカメラストラップ その他レビュー
    カメラ女子・男子におすすめ!おしゃれなレザーカメラストラップ
    2018年1月8日
おいしそうなパンの撮り方

 

 

今回はおいしそうなパンの撮り方を

紹介したいと思います。

 

クリップオンストロボを使ってただ光を

当てて撮るだけではなく、よりおいしそうに見える

テクニックを紹介します。

 

使うものは

 

  • クリップオンストロボ(今回はNissin Di700A)
  • アンブレラ
  • トレーシングペーパー
  • ディフューザー
  • レフ板

 

 

料理写真は前回の記事にも書いた通り、

逆光から撮るので斜め後ろに配置します。

 

こんな感じ。

 

配置図

 

まずはクリップオンストロボの光をアンブレラに反射させて撮ってみます。

ちなみにストロボを使って撮るときは

他の光が混じらないように部屋の電気は消して

真っ暗な状態で撮ります。

 

パン直射

アンブレラの反射だけで撮ったのがこちら。

ハイライトとシャドウがきついですね!

 

白飛びしてしまっています。

 

光量を減らせばまだマシになりますが、

光の質が固いのでどうしてもメリハリのついた

きつい写真になってしまいますね。

 

やわらかいふんわりとしたパンの印象には向きません。

 

では次に、光源のストロボとパンの間に

トレーシングペーパーを挟んでみます。

 

配置はこんな感じ。

 

配置図

 

これで撮るとこうなります。

 

トレーシングペーパーをはさんで撮ったパン

ハイライトが落ちて少しおいしそうになりました!

 

でもまだ少しシャドウがきつい感じがします・・・

なので次はレフ板を使って手前の影をなくしてしまいたいと思います。

 

配置はこんな感じ

 

配置図

 

レフ板は銀のほうを使って撮ってみます。

 

銀は白よりもより反射するのでレフ板の効果がより大きくなります。

これで撮ると・・・

 

銀レフ板を置いて撮ったパン

 

手前の影がやわらかくなりましたね!!

初めの写真からするとだいぶおいしそうに見えてきました!

 

ですが、ピントを合わせている細長いパンの

topから右側部分のシャドウもなくなってしまいました。

 

綺麗に光は当たっているのですが、やや平面的に

見えてしまい、立体感が損なわれています。

 

レフ板の効果が強すぎたようなので、今度は

白レフを使って効果を弱めてみたいと思います。

 

配置図

 

これで撮ると・・・

 

白レフで撮ったパン

美味しそうに撮れました!!

パンの右側についていたシャドウがうっすら戻りましたね。

 

しかしもう少しだけシャドウをつけてより

立体感をつけたいところです!

 

もうすこしレフ板の効果を弱めたいので

レフ板をパンからすこし遠ざけてみました。

 

これで効果がさらに弱まります!

 

配置図

 

これで撮ってみると・・・

 

白レフの距離を置いて撮ったパン

 

シャドウが程よく戻って

立体感が生まれ

ものすごくおいしそうに撮れました!!!

 

光をうまくコントロールすることができると

写真が劇的に生まれ変わりますね!

 

これで十分すぎるくらいに美味しそうですが

さらに細かいところを言うと、光の質がまだ少しだけ硬い気がします。

 

トレーシングペーパーでだいぶ拡散されてはいるのですが

もう少しやわらかくしたい!

 

そんな人はトレーシングペーパーから

ディフューザーに変えてみるといいでしょう!

 

光の拡散のされ方がよりきめ細やかに変わるので

全体的にやわらかく優しい印象になります。

パンにぴったりな印象ですね!

 

同じようにトレーシングペーパーを

置いていた位置にディフューザーを置きます。

 

配置図

 

 

これで撮った写真がこちら!!!

 

ディフューザーを使って撮ったパン

 

先ほどのシャドウもそのままで

光の質だけやわらかくなったので

全体的に印象が良くなったと思います!

 

よりおいしそうになりましたね!

最初の直射光の写真と比べてみても

柔らかくより美味しそうに見えますね!

 

比較写真

こうして光をうまいことコントロールできれば、

レンズやカメラに左右されずに

おいしそうな写真を撮れるようになります。

 

そうすればもう怖いものなんてありません(笑)

 

ぜひこのテクニック試してみてください!

 

スポンサードリンク
関連キーワード
撮影の関連記事
  • 霜の撮影
    霜撮影で若草山へ!インスタ映え写真が撮れる『霜活』とは?
  • 撮影した写真
    屋上で撮るポートレート!曇りの半逆光でのストロボライティング
  • ビッグマック ポートレートチャレンジ !!
  • 南京町
    神戸の元町付近でぶらぶら撮影してきました。
  • 豊崎神社夏祭り
    大阪、中津の豊崎神社の夏祭りに行ってきました。
  • 東京カメラガールズコラボ企画
    東京カメラガールズとSHAREのコラボ!ポートレート撮影会!in鶴見緑地公園

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【SHARE Models Vol.2】モデル石田裕子
SHARE Models
関西写真部SHAREへ応募し、審査を通過後撮影までしたモデルたちをWebで紹介する企画。第2回目のゲストはモデル石田裕子です。 撮影&am...