BAGSMARTのカメラバックレビュー!

以前書いた「普段使いにもいい!おしゃれでおすすめのカメラバッグを紹介!」で紹介したカメラバッグの中から、BAGSMARTのカメラバッグを購入しました。今回はこのカメラバッグについて購入の理由から、検証までしてみたので、まとめていきたいと思います。

過去記事のカメラバック紹介記事ついては下記リンクからご覧ください。

 

購入の理由

今までHAKUBAのカメラバッグをずっと使用していました。

HAKUBAカメラバッグ

引用:https://www.amazon.co.jp

このカメラバッグもカメラもPCも入るのでかなり使いやすくてずっと愛用していたんですが、カメラ機材を多く持ち出すときに容量不足を感じるようになってしまいました。

そこで、大容量のカメラバッグを探し求めることに!

お金さえかければ、大容量のカメラバッグなんていくらでもあるのですが、僕は”カメラバッグにあまりお金をかけたくない派”です。いわゆるコスパのいいカメラバックを探していました。今回、

  • 1万5千円以下
  • 大容量(20L以上)
  • 普段使いできそうなやつ(カメラバッグ感のないやつ)
  • PC(15インチ)が入る

という条件で探していたところ、このBAGSMARTのカメラバッグにいきつきました!

Bagsmartのカメラバッグ

引用:https://www.amazon.co.jp

 

ちなみに以前まで使用していたHAKUBAのカメラバックと容量を比較してみたのがこちら。
HAKUBAのカメラバッグとBAGSMARTのカメラバッグ比較

容量だけを比較すると、HAKUBAのカメラバックの容量が12Lなのに対して、BAGSMARTのカメラバッグの容量は25Lと、倍以上も違う!!

ん?、でも25Lってとんでもなくないか!?

 

これを例えると

500mlのお茶のペットボトル、実に50本分になります!!

カメラバックの容量をお茶で例える

イメージするととんでもない…。

50人分の飲み物を持ち運べるカメラバックってすごい。

 

 

購入後届いたBAGSMARTのカメラバッグ

Bagsmartのカメラバッグ

早速購入して、HAKUBAのカメラバッグと比較してみました!!

 

BagsmartのカメラバッグとHAKUBAのカメラバッグ

HAKUBAの方はカメラバッグ感が少しありますが、BAGSMARTのリュックサックは言われなければカメラバッグという感じはありません。

よく見れば若干BAGSMARTのカメラバッグの方が大きいですが、パッと見大きさはさほど変わりません。

これで本当に容量25Lもあるのでしょうか??

 

Bagsmartのカメラバッグ

見た目はベルト式ですが、実はマグネットで開閉できます。

 

Bagsmartのカメラバッグ

そしてここを開くと

 

Bagsmartのカメラバッグ

おお!なかなかのスペースがあります。

 

Bagsmartのカメラバッグ

そして下の方、ここを開けると

 

Bagsmartのカメラバッグ

クッション材がたくさんつまったカメラを収納するスペースがあります。

 

Bagsmartのカメラバッグ

カメラバッグの半分はカメラの収納スペースになります。うん、これはたくさん入りそうです。

 

Bagsmartのカメラバッグ

側面からもカメラを取り出すこともできます。さらにSDカード収納のポケットまで。

 

Bagsmartのカメラバッグ

反対側はこのような感じ。フィルターなど収納するのにいいかもしれません。

 

Bagsmartのカメラバッグ

15インチまでのPCを収納できるスペースもちゃんとあります。

 

Bagsmartのカメラバッグ

側面に三脚を取り付けることも可能。

 

Bagsmartのカメラバッグ

底面にはゴムの底鋲もついています。安心して床置きできます。

 

Bagsmartのカメラバッグ

なんと緊急の雨にも対応できる、レインカバーまでついています。大事なカメラを守るためにこの対策は必要ですね!

 

ざっくりとBAGSMARTのカメラバッグについて紹介しました!

次の見出しではどれだけの量が入るのか、容量の検証実験をしてみました!!!!

 

どれだけ入るのか検証してみた

カメラやっている人には嬉しい気遣いがたくさんみられました。でも今回の一番の目的は大容量のカメラバッグ。実際にどれだけの量が入るのかどうかを検証してみました。

 

容量検証 その1

Bagsmartのカメラバッグ検証その1

まずは手始めにこれぐらいの量からはじめてみます。

  • Nikon D810(カメラ)
  • Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(レンズ)
  • Nissin Di700A(ストロボ)
  • Mac Book Pro 15インチ(PC)
  • ポーチ(バッテリーやメンテナンスグッズ)

手軽な撮影の時の量です。HAKUBAのリュックサック(12L)ではこれぐらいの量で結構いっぱいいっぱいになってしまいます。そもそもPCに関しては15インチは入らず、13インチまでしか入りません。BAGSMARTのリュックサックはどうでしょうか??

 

Bagsmartのカメラバッグ検証その1 PC収納

まずはPC(15インチ)これは余裕で入りました。

 

Bagsmartのカメラバッグ検証その1

そしてカメラ類も入りました!大きくスペースを残して検証その1は余裕でクリアとなりました!

 

容量検証 その2

Bagsmartのカメラバッグ検証その2

先ほどの量に加え、カメラをもう一台追加しました。メインカメラとサブカメラ2台持ちスタイルです。

  • Nikon D810(カメラ)
  • Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(レンズ)
  • Nissin Di700A(ストロボ)
  • Mac Book Pro 15インチ(PC)
  • ポーチ(バッテリーやメンテナンスグッズ
  • Fujifilm X-T2(カメラ)
  • FUJIFILM XF35mmF1.4 R(レンズ)

Bagsmartのカメラバッグ検証その2

入った!

まだまだスペースも残っています。

25Lおそるべしです!

 

容量検証 その3

Bagsmartのカメラバッグ検証その3

もう持ち歩くような機材もなくなったので、先ほどの量に加え、スペースをわかりやすく表現するために、さらにサッカーボールも加えてみました。

 

撮影終わりにサッカー

撮影終わりにサッカーしたいなーという時に(そんなシチュエーションは絶対ない)

 

  • Nikon D810(カメラ)
  • Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(レンズ)
  • Nissin Di700A(ストロボ)
  • Mac Book Pro 15インチ(PC)
  • ポーチ(バッテリーやメンテナンスグッズ)
  • Fujifilm X-T2(カメラ)
  • FUJIFILM XF35mmF1.4 R(レンズ)
  • サッカーボール?

Bagsmartのカメラバッグ検証その3

さすがに下のスペースにはもう入らないので上のスペースに。

 

Bagsmartのカメラバッグ検証その3

入った!!

 

 

 

カメラバッグに入った

入った!!!

 

BAGSMARTのカメラバッグが大容量というのがよくお分かりになったと思います。

 

リアルな機材を詰め込んで見た!

Bagsmartのカメラバッグ検証その4

最近僕がポートレート撮影時に持ち出すリアルな機材を詰め込んでみました。内容はこの通り。

  • PENTAX67Ⅱ(カメラ)
  • PENTAX SMCP 67 90mm F2.8(レンズ)
  • Mac Book Pro 15インチ(PC)
  • ポーチ(バッテリーやメンテナンスグッズ
  • Fujifilm X-T2(カメラ)
  • FUJIFILM XF35mmF1.4 R(レンズ)

中判カメラのPENTAX67Ⅱを持ち運ぶときはかなりシビアになりますが、BAGSMARTのカメラバッグであれば、クッション材もしっかりしているので安心です。

 

Bagsmartのカメラバッグリアルな機材

これも余裕でクリアとなりました!!

 

最後に

以上、BAGSMARTのカメラバッグのレビューでした!とにかく大容量のこのカメラバッグはこれから撮影機材を多く持ち出すときや、ちょっと遠出しての撮影時に出番が多くなりそうです!これだけの質で、これだけの容量で、1万円ちょっとというのはかなりのお買い得でした!

 

 

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

〜私の選んだカメラ〜 Nikon F3 野崎梨奈

関西写真部SHAREリーダーと大隅写真部リーダー大隅写真部と関西写真部SHAREのコラボ写真展で鹿児島へ!

関連記事

  1. TAMRON マクロレンズ

    幻想的な写真が撮れるTAMRON マクロレンズ SP 90mm …

    マクロレンズとは!?今回はTAMRONのマクロレンズの機材購入レビューです。まずは、マクロレンズ…

  2. Nikon F6で撮った写真

    フィルムカメラを持って大阪の街を歩き回ってきました!

    文章  小野友暉    写真  小野友暉Part1とPart2に続いて…

  3. Kodak PORTRA400フィルム

    Kodak(コダック)PROFESSIONAL PORTRA 4…

    Kodak(コダック)のPROFESSIONAL PORTRA 400 フィルムの特徴をまとめたレビ…

  4. Nikon F6

    フィルムカメラ Nikon F6 約1年使い続けての再レビュー!…

    このカメラブログのなかでも人気の記事となっているフィルムカメラ Nikon F6について、過去記事を…

  5. 撮影風景

    Nikon SB-400購入レビュー。中之島公園のバラ園でフィル…

    先日モデルの虹帆と中之島公園に撮影に行ってきました。今回もフィルムカメラでの撮影だったのですが、新し…

  6. モデル虹帆

    ブローニーフィルムFUJIFILM PRO400H使用レビュー

    中判カメラ用のフィルム、ブローニーフィルム(120Film)である富士フィルム(FUJIFILM)の…

  7. パソコンデスク周り

    カメラマンのパソコンデスク周りを紹介!快適な写真編集をするために…

    デジタル写真の編集や画像のレタッチをする際のパソコン環境って誰が何を使っているとか、なかなか知ること…

  8. RICHO GRⅡ

    スナップ撮る人に本気でオススメする最強コンデジ!RICHO GR…

    最強のスナップシューターとして名高いRICHO GRⅡ。僕の今まで使ってきたどのカメラよりもこのカメ…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. モデルかんばらふうこ
  2. フォトレタッチ術 明暗別色補正
  3. プロカメラマンFile 2018

スポンサーリンク

PAGE TOP